2005年12月18日

浅田真央ってすご〜〜い!

なんか最近タイトルがマンネリですね(苦笑)。

いや〜、しかし浅田真央はすごいですね。あのイリーナ・スルツカヤに完勝ですか、恐れ入りました。トリプルアクセルを簡単(そう)に決めてしまうジャンプを始めとした技術はもちろん、観客をひきつけてしまう天性の素質があります。それに加えて今回はソルトレーク五輪の時のサラ・ヒューズのような勢いもありました。そして、SP1位という重圧を物ともせず、事も無げに優勝してしまう勝負強さは、彼女もまた宮里藍と同じく、超一流のスターなんだということを見せ付けてくれました。
さてさて、そこでトリノ五輪ですよ。今シーズン初めの頃から真央選手の出場資格について「GPファイナルで優勝できれば、ひょっとすると・・・」なんていう話しが出ていましたが、ホントに実現しちゃいましたからね〜。「これで出場への道が開けたか?」と思った矢先、国際スケート連盟の会長は「特例は認めない」とのつれないお答え。あらら・・・。
しかし、大変残念ですが今回はあきらめるしかないかな、という感じでしょうか。ISUの会長の意見もずっと一貫していましたしね。もちろん今シーズンすでにシニアとしてこれだけ活躍しているところに「医学的見地から」と言われても釈然としない気持ちはありますが、本当に「残念だけど、仕方がない」というところですかね。
これで五輪としては2010年のバンクーバー大会からの出場になります。心配なのは果たして真央選手が、その時までに今の技術・モチベーションを維持できるか?ということですよね。スルツカヤ選手のように10年以上も第一線で活躍できる息の長さがあればいいんですが、身長・体重が増すことによりバランスが崩れてしまう可能性がありますし(今年の安藤選手はこんな感じかな?)、競技は違いますが岩崎恭子のピークがあの14歳の時の金メダルだったように、人それぞれピークの年齢が異なりますからね。願わくば、瀬古利彦のように「五輪に縁のない」選手になってほしくないですね。最も当然五輪だけが重要なのではなく、選手としての偉大さは全く失われるものではないんですけれども。
posted by priest at 12:14| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。