2005年12月30日

阿久悠ってす(以下自粛)

昨日、TBSでやっていた阿久悠特番を見ました。
阿久悠が作詞した27曲を(基本的には)ヒットさせた歌手本人が出てきて歌う、という形式の番組でした(その他、当時のVTRなどもありましたが)。この手の「懐かしのヒット曲」系の番組ですと、「いや〜、本人が出てきて逆にがっかり。当時のVTRの方が良かったな」ということがままありますが、この番組では現役バリバリの歌手が多く、見ごたえがありました。
一番古い曲が昭和43年、一番新しい曲が昭和60年ということで、私にとってはリアルタイムで懐かしい曲ばかりではありませんでしたが、まあ一緒に歌えること歌えること(笑)。特に良かったのは五木ひろしの「契り」ですね、やっぱ上手いですよ。そしてびっくりしたのは小林旭「熱き心に」。昭和60年当時と歌声が同じなんじゃないですか?何歳なんだあの人。
更に経歴で驚いたのは、レコード大賞の受賞曲の中に阿久悠作詞のものがこんなにあったんだ、ということです。
昭和46年「また逢う日まで」
昭和51年「北の宿から」
昭和52年「勝手にしやがれ」
昭和53年「UFO」
昭和55年「雨の慕情」
すごいっすね、このラインナップ。「勝手にしやがれ」なんて、前奏が始まると強引に歌い始めさせられちゃいますよ、「ガッチャマン」並みに(笑)。
蛇足ですが、個人的に一番嬉しかったのは「ヤマトより愛をこめて」がVTRで出てきたことです。
posted by priest at 13:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。