2005年12月31日

献血に行ってきました

自己紹介にちらっと書いてありますが、実は私、献血を趣味にしているんです。あんまり趣味というにはふさわしくないのでしょうが、人から「趣味は何ですか?」なんて聞かれて「読書です」というありきたりな答えでは、どうも会話に伸びがないですし、逆に「クイズです」なんて答えてしまうと、会話がどんな方向にとっ散らかるか想像もつかないので、大体聞かれることも答えることも想定の範囲内で収まるこの「献血」を趣味ということにしています。
高校3年の時に初めて献血してから、16年間で155回を数えました。
一応社会的にも貢献できますし、軽い体調チェックにもなりますし、最近の献血ルームは設備が整っていて、ベッドひとつひとつにテレビ・ビデオ(orDVD)が付いているので、献血中に観賞できますし、お菓子や飲み物も(人目を気にしなければ)いくらでも口にできますし、まあ「一石n鳥」というか、「ちょっと時間があいたから献血して行くかな」という気軽な感じでやらせていただいてます。ちょっと年配の「血を売っていた」頃の方々からは、「献血をする=悲壮な決意」という想像をされがちなんですが、今はそんな雰囲気じゃないですよ。
今回は正月用品の買出しに行ったホームセンターでちょうど献血をやっていたので、ついフラフラっと特設テントに入り、検査を受けた後、400mlばかり抜いていただきました。ここ1年くらいご無沙汰でしたので、検査結果の通知がちょっと不安。血液の要素が悪ければ自分の体調の心配はもちろんのこと、せっかく抜いた血が無駄になってしまうので「一石n鳥」どころの話しじゃなくなりますからね。
とにかく健康を維持しつつ、できる限り続けていきたいと思っております。今のところの目標は40歳までに200回を達成することですね。ちゃんと役に立つ血であり続けられますように(祈)。
posted by priest at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。