2006年01月17日

×[W]・前編

日曜日に今年のクイズ初めとしてBADに参加してきました。会場の川崎市国際交流センターは過去2回訪れていますから、道中は手慣れたもので、ブレーメン通りの松屋で腹ごしらえなどしてみました。途中ふじどんさんが入って来られて「あ、どうも〜。こんなところで」などとご挨拶。
会場に到着し受付をすませ、問題集の引換券を選ぶとその裏に第1ステージの組が書いてありました。ホール内に入ってざっと見渡してみると、davideさん・KingTowerさん・Chattertonさんが並んで座っている超強豪列を発見。恐る恐る近づいて「今年もよろしくお願いします」とご挨拶。その後、関係各位にご挨拶・お祝い等々申し上げて着席しました。

開会に先立ってキャンセル待ちをされていた方々に参加許可が出ました。「Chattertonさん、davideさん、・・・N田さん・・hamcapさん・・。」というアナウンスに「そこで一組作っちゃってくれ」という声が上がっていました。そして図らずもdavideさんが私と同じ6組に参入してこられました(勝ち抜け枠一つ減)。
たった一回でも間違えると即失格・その後のクイズに参加できない、というタイトなルールのこの大会。第1ステージ1組目からディフェンディングチャンピオン・N野さんが失格となる波乱。2組目はmansaiさんがリーチをかけてから自重。結局「中村剛也」でラスト抜けしましたが、これが後々私にも影響することになるとは・・・。3組目はKingTowerさんがまさかの失格。これは第1ステージを早く抜けた人ほど、第2ステージ以降で非常に有利になるルール設定が影響したんではないでしょうか?とにかく残念でした。4組目は私の高校の先輩・T口さんがラスト抜け・・・これも後々の事情から、ちょっとやめてほしかったです(すみません)。
5組目が始まる前に、私の参加する6組目の召集がありました。davideさん以外にあまり強豪の方がいませんように、という私の願いもむなしく、O村さん、F川さん、F林さんというQRCでシード経験のある方々が。他にもお名前を存じ上げている方が多く「こりゃー厳しいな〜」と思っておりました。前回大会では失格となるのを恐れるあまり、1問しか正解できず敗退してしまったので、今回は勇気をもって押していこうと思っていたんですが、いざクイズが始まるとやっぱり押せませんね。立場上、正解しないとまずい「出雲」こそ取りましたが、その後「ショートプログラム」「ミケランジェロ」あたりは一瞬の自重が裏目に出て解答権が取れず、そうこうしているうちにF川さん、O村さん、davideさんと勝ち抜けが出て、残る枠はあと一つに。私は「のれん」を正解してリーチをかけていたものの「徒然草」が押せず、その次の「常温で液体の元素/・・・」という問題を、同じくリーチのT橋さんが押して「水銀!」と答え、一瞬万事休すかと思いましたが、ここは「・・・で水銀の元素記号はHgですが、臭素は?」という問題だったため助かりました。そして
「北アメリカのプロスポーツチームで、NBAのラプターズ、MLBのブルージェイズ/・・・」
で私が解答権を取り「トロント」で何とかラスト抜けすることができました。
その後、8組目ではChattertonさんがあっという間の1抜けを果たし、この人は来てほしくないな〜と思っていたK堀さんがラスト抜けされました。

第2ステージは3分間のタイムレース。第1ステージで各組での勝ち抜け順が同じ人同士がここでの同組となります。1組目はChattertonさん、2組目はK岡さんが共に7問正解でトップ通過。3組目はdavideさんが堅実な押しでトップ通過。そして各組のラスト抜けの人が集まる4組目。ラスト抜けといってもTAKUMIさん、mansaiさん、T口さん、K堀さんらがおり、予断を許しません。しかもここから第3ステージに進めるのはたったのひとり!きっついなぁ。
クイズスタート。序盤から指自慢の方々が順調に走り、押しても押しても解答権の取れなかった私が「早稲田大学」の正解をだしたのは19問目。もうこの時点で勝ち抜けはあきらめ、間違えないことに専念しました。その後「東京オリンピック」を正解して2ポイント目。もう残り時間わずかとなって「吉田茂」「庭」を答えたい気持ちもありましたが、押すのをためらいそのまま終了。唯一の勝ち抜け者は、8問も正解したmansaiさんでした。司会のS木さんから、この組の8人が一人も間違えなかったことを賞賛するお言葉がありましたけど、それはちゃんと勝負にいって間違えなかったmansaiさん、6問正解のT口さん、5問正解のK堀さんあたりに相応しい賞賛であって、ひよってしまった私には逆に耳の痛いお言葉でした。

敗者復活は今までのステージで、誤答失格ではなく敗退した約50名に対して行われました。一組約10名から勝ち抜けはたったの一人・・・またか。形式はプロフィールクイズということで、ある人物についてのヒントが順に挙げられていき、解かったら早押しで解答する、という形です。私は5組目で参加。しかし「南国忌→直木三十五」でT中さんが勝ち抜け、これで本日のクイズ終了。勝ち抜いた5人の中から更に2人が勝ち抜け、第3ステージ進出者が決定しました。

長くなったので、続きはあらためて。
posted by priest at 10:28| Comment(4) | TrackBack(1) | クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。