2006年01月21日

×[W]・後編

第3ステージは20問限定3択クイズ。正解すると1ポイントで、3ポイント積み重ねると勝ち抜け。ただし1問たりとも間違えられないこの大会、自信がなかったらパスすることもできますが、パスをするとそれまでのポイントが0になってしまう・・・ということで、3連答しなければいけないわけですね。12名参加で勝ち抜け枠は最大6名。しかしノルマに達しない限り勝ち抜けできないので、最悪勝ち抜け者が一人もでない可能性もあります。
普通の3択であれば、うろ覚えや消去法(あとは「勘」)でも解答できますが、この形式ですと8割くらいの自信であっても勝負に出られるか微妙ですね。そこを勝負に出て成功する人、はたまた失敗する人、自重して結果悔しがる人など悲喜こもごもでした。結局勝ち抜けたのはK戸さん、O村さん、mansaiさん、M川さんの4名でした。私がもし出場していたら、自信を持って勝ち抜けられるポイントはただ一つだけ
「昨年の司法試験、最多合格者→早稲田大学」
「徳川吉宗の出身→紀伊藩」
「大リーグボールの消える魔球→2号」
というところだけでしたね。一応「巨人の星」と「新巨人の星」全巻持っておりますので(←え、なんで自慢げ?)。

第4ステージは先程勝ち抜けた4名と、第2ステージでシード権を得たChattertonさん、S井さん、N田さん、K岡さん、A井さん、davideさんの6名の計10名で争われました。4ポイント先取の早押しクイズで、勝ち抜け者が出ると、その時に他の人が持っているポイントが1ポイントマイナスされるという形式。ここを勝ち抜けて最終ステージに進出できるのは4名だけです。1抜けは若手のS井さん、勢いがありました。その後も皆さん順調に解答を続けておられましたが、27問目からK岡さん、A井さん、Chattertonさんと3連続誤答が出てしまい、この大会の恐ろしさをまざまざと見せつけられました。その後は、davideさん勝ち抜け、mansaiさん失格、O村さん勝ち抜け、N田さん勝ち抜けという結果でした。

最終ステージは13問先取の早押しクイズ。王道ですね。しかしなぜ13問という半端な数なのかというと、これは第1回の10問先取に始まり、大会ごとに1問ずつ増えて、今回が第4回大会なので13問ということなのだそうです。
展開は、序盤で有力候補のO村さんが早々とトビ、こうなると応援しているdavideさんへの優勝への期待が否が応でも高まります。その後順調にリードをして9問正解までたどり着いていたdavideさん。しかしここで痛恨の誤答。解答してから、ブザーがなるまでのあの間が堪えられませんね。とにかく残念でした。
勝負はS井さんと、N田さんの一騎打ちとなり、追いつ追われつの大激戦で終盤を迎えました。先にリーチをかけたのはS井さん。しかしここからN田さんが底力をみせて追っかけリーチ。そして56問目「ハニカム!」を答えたS井さんが見事優勝の栄冠を勝ち取られました。

進行、問題のクオリティ、スリリングなルールと、どれを取っても申し分のないこの大会ですが、残念なことに次回大会が最後となる模様です。
今回は念願の第1ステージ突破を果たせたので、次回はもう少し上を目指して頑張りたいですね。こういう大会だからこそ、逆に誤答を恐れない勇気を持って臨みたいと思います。なーんつって、びびっちゃうんですけどね(笑)。
posted by priest at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。