2006年03月22日

偉大なる宮川泰御大に敬礼!

WBCのことはあえて書きません。わざわざ申し上げる必要もありませんが、約3週間、私が何も言及しなかったのが、優勝した一因となったことは疑いようもありません(ウソ)。

さて、こんなことになってしまったんですね。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200603/gt2006032208.html

虚血性心不全ということで、心筋梗塞かなにかですか。本当に急な最後であったようです。
宮川御大といえば、数々のヒット曲や、ここ10数年は紅白のフィナーレ『蛍の光』のタクトを振ることでも有名ですが、私にとっては何と言っても『宇宙戦艦ヤマト』の主題歌や劇中曲を手掛けられた方として強く印象に残っています。
あれだけの名作曲家の方が亡くなられて、例えばこのサンスポの見出しなどでは「作曲家の宮川泰さん死去『宇宙戦艦ヤマト』など手掛ける」となっているように、(世間の認識からすると)たかがアニメソングが代表曲として挙げられるというのは、恐らくとてつもなくすごいことを成し遂げられた証拠なのでしょう。

折りしもカラオケで『真っ赤なスカーフ』を歌わせていただいたばかりだったもので、これでますます思い出深い曲になったことは間違いありません。

♪あの娘が振っていた 真っ赤なスカーフ
誰の為だと思っているか? 誰の為でもいいじゃないか
みんなその気でいればいい
旅立つ漢(おとこ)の胸には ロマンのかけらが欲しいのさ
ララララララ ララララララ ラララ 真っ赤なスカーフ
 
必ず帰るから 真っ赤なスカーフ
きっとその日も迎えておくれ 今ははるばる宇宙の果て
夢を見るのも星の中
旅する漢の瞳は ロマンをいつでも映したい
ララララララ ララララララ ラララ 真っ赤なスカーフ♪

・・・しみじみしちゃいますね。もし音楽葬だったらささきいさおさんに是非歌っていただきたいな〜。
心よりご冥福をお祈りいたします。
posted by priest at 14:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとに残念なことでした。こういう偉大な作曲家が亡くなって、「ひとつの時代が終わったのかな」という感慨ももつのですが、同時にず〜と曲じたいは残って、また新しく感動を伝えていくんですよね。すごいな〜。
歌詞を掲載してくださったので私も口ずさんでみました(しんみり)。
同じく心からご冥福をお祈りいたします。
ところで、やっぱりWBCのことにお触れにならなかったのは・・・だったんですね(笑)
Posted by hetasuki at 2006年03月23日 16:35
早速のコメントありがとうございます。
それでは次回は「宮川泰先生 追悼カラオケ」ということで。
WBCへの貢献度はボブ効果(※)と同程度ということでご理解いただければと思います(笑)。

※ボブ効果:理不尽な判定により、日本チーム・メキシコチームのモチベーションを著しく上げた現象
Posted by priest at 2006年03月23日 21:09
はい。「追悼カラオケ」で、私は“ザ・ピーナッツ”あたりを仕込んで・・・(ってまた歌えそうに・笑)
ボブ効果は、結構大きかったと思うので、priest様の貢献度合いもかなりなものではなかったでしょうか。
って、スポーツ関係の記事書けなくなっちゃいますよね(笑)。すいません。
Posted by hetasuki at 2006年03月24日 18:53
え、ではハモらなくては(笑)。
そうですね、スポーツ関係の記事・・・一部にはただ更新をしないことの言い訳なのでは?という話しもありますが。
でも早速スポーツ関係で書きたいことがあるんですよ。それを書いてまたダメだったら本格的に進退を考えます(←大げさな・笑)。
Posted by priest at 2006年03月25日 18:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。