2016年04月15日

5年前

東日本大震災から5年。その時のブログを見ると当時のことが甦ります。
昨日の熊本地震。東大の学者さんが解説でやたらと「地震としてはそれほど大したことはないです」というのを強調してましたけど、地震の規模や被災者の数は確かに桁違いかもしれませんが、被災者ご自身や、ご家族や大事な人が被災された方にとっては「大したことない」なんてことは絶対ないんですよね。

さて、今年も春が来ました。毎年春を迎えられて、同じような時間を過ごせることは、決してあたりまえのことではないんですね。

『迷いながら ぶつかりながら 揺れながら 過ごした日々を いとしくおもう』
                             加藤千恵 短歌集「放課後」より

この短歌は、現在は小説家として活躍されている加藤千恵さんが17歳の時に発表した短歌なんですが、私が知ったのは『とめはねっ!』という、高校の書道部が舞台の漫画でした。その最終巻で、訳あって部を去っていく仲間を思う気持ちをぶつけた作品に描かれたのがこの言葉です。
この最終巻を読んだ時にももちろん感動したのですが、この言葉をあるクイズ大会の発起人の方がメッセージに引用していらして、またそれに深く感動を覚えた次第です。
自分が至らなくて相手を傷つけてしまったことや、後悔することもたくさんある人生ですけど、
「何もかも、みな懐かしい」です。

この一年もどうぞ皆様「できるだけ」お元気でお過ごしになるよう、お祈りしております。

posted by priest at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

上善如水

「上善如水」と聞いて、まず「あ〜あのお酒は飲みやすいけど、ちょっと個性に欠けるところがあるよね〜。でもそこが個性なのか!?」なんて思ってしまう方はきっとお酒好きの方ですね(^^)。
本来の意味は古代中国の老子の詩に由来します。

上善は水の如し
水は善く万物を利して争わず
衆人の悪む所に処る
故に道に幾し

つまり、
水は、円にいれば円となり
四角にいれば四角となる。
よく己を変え争うことがない。
また自己を主張せず、だれしも嫌う低き低きへと下る。
だから「人の道」に似ているといって良い。
という意味ですが、深イイ言葉だなと最近特に感じております。
こんな存在でありたいなと。でもこれがシンプルなようでいて
その実、ものすごく難しいことだとも実感しています。

気がつけば、このブログを書き始めて丸10年になるんですね。
まったく連続性はありませんが、感慨深いものがあります。
このブログに勝手に登場させてしまった方々に思いを馳せつつ、
今晩は一杯いただくといたしましょうか、「上善如水」にするかな・・・(*^_^*)。
posted by priest at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

幾久しく

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。

今年も新年度が始まりましたね。本当に1年1年が早く過ぎ去るように感じます。
ここ数年で成長しているのか、いないのか。実感としては全く手ごたえがないのですが、こうして時を重ねるということはそれだけの経験を積み重ねているわけで、それは手ごたえはないにしても、やはり貴重な時間だったのだと思います。

・・・う〜ん、自分でも何を言いたいのか全然まとまっていませんが(苦笑)。
最近「幾久しく」という言葉を改めて意識しました。「いつまでも変わらないさま」という意味ですね。
「素敵な人は素敵に年齢を重ねつつも、素敵な部分は素敵なまま」なんだな〜と思います。
自分もそんな風に歳を重ねていきたいと思う、今年の春です。
posted by priest at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

ランニング

東京ディズニーランド、めでたく開園30周年を迎えましたね!バースデー
できた年に行ってるんですよ、私。しばらく周囲でディズニーランドの財布が流行りまして、これ見よがしに「ちょっと行ってきましたアピール」をしたものです。
ディズニーランドがすごいのは、開園29年の昨年の入場者数が「約2750万人」と過去最高を記録したことです。普通はだんだんとマンネリ化して、右肩下がりになってしまうものじゃないですか。それを色々なアイデアで維持しつつ、そしてさらに高みを目指しているというところにすごみを感じます。
そんなTDRに刺激を受け、年度始めにあたり私も何か成長できることはないかと考えまして・・・「ランニング」を始めることにいたしました!ぴかぴか(新しい)やはり周囲で流行っているんです。みんな40を過ぎて軒並み健康のことを気にするようになってきています。ランニングは良いみたいですよ(笑)。血圧とか骨密度とか体幹とか、巷で気にされているようなことにすべからく好影響を与えるようです。とりあえずのほほんと走っていますが、いずれレースに出たり、フルマラソンを走ったりしてみようと画策しております。
それでは取り急ぎ定期更新と近況報告まで。今年も元気でいい一年にいたしましょう!!
posted by priest at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

不惑?

お久ぶりの更新です。・・・もはや恒例ですねたらーっ(汗)

昨年は地元・青年会議所の理事長という役職を務めておりました。40歳までという年齢制限のある青年会議所において、理事長を務められたことは幸運ですし、自分自身にとっても貴重な経験でありました。
そんな青年会議所活動も今年いっぱいで卒業です。今年私も40歳代になります。古来「子曰、・・・四十而不惑。・・・」ということでございますが、う〜む、難しい。子どもの時なんて、40歳といえばそれはそれは立派な人間に見えましたが、気持ちはまだ大学生くらいのつもりですよ。
反省・後悔・自分の力のなさ、日々そんなことを感じてばかりです。でもね、私はあまり「これは絶対にそうだ」という思い込みが少ない方なんですが、唯一絶対に信じていることがあって、それは「人間、息絶えるまさにその瞬間まで、成長ができる」ということなんです。例え寝たきりになったとしても、そこからリハビリで何かができるようになれば、それは間違いなく成長です。そう信じています。
この歳もがんばっていきましょうねexclamation×2
posted by priest at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

この28年

4月15日、東日本大震災の影響による液状化現象のため、営業を休止し修復作業を続けていた東京ディズニーランドが再開しました。この日は、東京DLの28回目の誕生日なんですね。

東京DLが産声をあげた1983年。時代はもうすぐ訪れようとしていたバブル景気に向け、右肩上がりの拡大路線をひた走っていました。
NHK朝の連続テレビ小説『おしん』が視聴率「62.9%」、夏の甲子園では夏・春・夏の3連覇を目指した池田高校を、当時1年生のKKコンビを擁するPL学園が準決勝で破り、そのまま優勝、そしてそれ以降のテレビゲーム隆盛の基礎となる、任天堂ファミリーコンピューターが発売されたのもこの年でした。
それから28年。バブルが膨らみ、そしてはじけ、緩やかな景気減退傾向が続く中でも「いつかいい時代がまた来る」という、根拠のない淡い期待を夢見ながら、それでいて抜本的な改革を断行しないままに2011年を迎えました。

そして東日本大震災。
ペリー提督の黒船来航に端を発する明治維新。昭和20年の終戦。「それ」以前と以後で、歴史が大きく転換することを日本人は何度か経験していますが、今回もそんな時代の転換期のような気がしています。
「震災前」と「震災後」。
だらだらと続けてきた、節操のない拡大路線はもう必要ないでしょう。必要なこと、無くても構わないもの。変わっていくこと、変わってはいけないこと。そんな取捨選択を迫られている時期だと思います。
志を同じくする人たちを心強く思います。一人の力は限界がありますが、一人一人が気持ちを強く持って小さなことでも実行していきましょう。きっといい方向に舵が切られていくはずですから!
posted by priest at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

追悼

去る11月28日、歌手のシルビアさんが逝去されました。52年のご生涯でした。

シルビアさんといえば何と言っても
ロス・インディオス&シルビアとして唄われた『別れても好きな人』。
リリース当時はまだ7歳でしたからリアルタイムでは聴いていなかったのかもしれませんが、
ロングセラーでありましたし、家の8トラ(!)のカラオケにもカセットがありましたので、
もの心つく頃には完全に覚えていました。

まず秀逸なのがイントロです。
「チャチャチャ、チャチャチャ、チャ〜るんるん
から始まり、
「ラララ、ラッララーラララ、ラ〜ラ〜、ラララ、ラッララーラララ、ラ〜ラ〜るんるん
で、歌詞に入っていくまで流れはとにかく美しいです。
そして歌詞の地名の入れ方の見事なこと。
「傘もささずに原宿、思い出語って赤坂」「歩きたいのよ高輪、灯りがゆれてるタワー」
最高ですね。
「ちょっぴり寂しい乃木坂」に至っては、『襟裳岬』の「何もない・・・」と並んで
地元から反発がきそうでもありますが、実際のところどうだったんでしょうか??
そして「わっっかれぇても〜♪」というムード歌謡独特の歌唱法は、
そのまねをせずにはいられません。

そんな『別れても好きな人』も、思春期から30代に至るまであまり聴く機会がなく
過ごしていましたが、数年前から再びよく聴くようになりました。
久々にカラオケで歌ったところ、すごく懐かしくて、しかも全く違和感なく歌えて、
それ以来大好きな曲の一つとしてずっと心にあります。

それだけに今回の訃報はものすごく悲しいものとなりました。
シルビアさんの上品な色気のある佇まいと歌声は忘れません。
闘病お疲れ様でした。ゆっくりと安らかにお眠りください。
そして私たちに素晴らしい歌を本当にありがとうございました。
「別れても好きな歌」です。

<
posted by priest at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

秋ですね・・・

年に1回の更新を当たり前のように思っていましたが、やはりそれはいくらなんでもひどすぎますねあせあせ(飛び散る汗)

すっかり秋らしくなってきました。秋と言えば・・・自分の誕生日!
・・・・・何だそれ(笑)。でもやはり誕生日を迎えると、少し襟を正したくなるような気がします。
37歳になりました。子どもの頃、37歳といえばそれはそれは立派な大人だと思っていました。ひるがえって今の自分は、子どものときに描いていた立派な大人などではなく、言動も行動もとても人格者とは言えない人間だと、がっくり肩を落としています(苦笑)。

でも、自分自身の欠陥はさておき(←よくない)、今まで経験してきた出来事や、出会ってきた人たちという財産は、間違いなく宝物ですし、しっかりと自分の中に息づいているんですね。
なかなか会えなくても、ブログやHPで普段の様子を垣間見ることで、ホッとしたり、自分が元気づけられたりするんですね。
そんな言わば『人生の戦友』たちには、こころからエールを送りたいですし、またエールを送る自分も頑張ろうっていう気持ちになります。

ん〜、ちょっと感傷的になるのも秋のせいなのかexclamation&question
台風も近づいてきています。ちょっと嫌ですけど、これも秋の風物詩の一つかな・・・。
posted by priest at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

おそるおそる

気がつけば1年ぶり・・・。
もはや遅筆などといった言葉では表現しきれません。

以前の記事を読み返してみますと、応援していたスポーツチームや選手たちは、一時の私の悪影響をものともせず、それぞれの才能や努力の成果をいかんなく発揮されて、しっかりとご活躍のご様子。

清峰高校、センバツ優勝しましたね!
宮里藍さん、一時の絶不調から立ち直って、着実に実力を伸ばしています!
早稲田実業、その年の夏の甲子園ではしっかり優勝!斎藤君のその後の活躍は言うに及ばず!
浅田真央さん、今年は残念でしたが、昨年の世界選手権女王!
岡崎投手、大ベテランの絶妙な投球健在!同学年スポーツ選手の誇りです!

みなさんそれぞれ素晴らしいですね〜。

東京ディズニーランドは今日で26回目のバースデイバースデー。モンスターズ・インクのニューアトラクションが今日からお目見えです。


posted by priest at 03:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

めぐる季節

今年も春がやってきました。
花が咲き誇り、新緑が芽を出し、日差しや風も冬のどんよりとしたものから、明るい爽やかなものに変わるこの季節、大好きです。

本当に久しぶりの更新になりました。
コメントをくださったり、相互リンクをしてくださっている方々には不義理をしてしまいました。申し訳ありません。

東京ディズニーランドは開園25周年となるこの記念すべき日バースデーにブログを再開したいと思います。
まずはご挨拶まで
posted by priest at 05:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

ご無沙汰しました〜

実に2週間ぶりの更新になります。自分のHPもあるんですが「更新が面倒くさい」のが頻繁に更新できない理由なんだ・・・と自分に言い訳をしていましたが、ブログではそうも言い訳できませんからね。いやはや不精なことでだらしないですな〜。

さてさて、この2週間の出来事をざっと振り返ってみますと、

今年のゴルフの初ラウンド・・・大宮CCみどりコース スコアOUT・50 IN・46 TOTAL・96 ※せっかくですから、またあらためてゴルフのカテゴリで詳細報告します

クイズサークルの今年最初の例会のために雪中行軍。実は「今日はこんな雪模様だから、例会参加者が少ないかも→たくさん押せるかも!」なんて皮算用でノコノコ出かけたら、皆さん普通に集まられてました(←いえ、別にそれはそれで嬉しいんですが)。皆さんもお好きですね〜。本年もどうぞよろしくお願いいたします。あ、そんな訳で結局いつも通り「解からず・押せず・点かず」の三重苦でしたが、超一流の早押しを間近で堪能してまいりました。

私の後輩であり、ある意味先輩でもある方と浅草で飲み&カラオケ。いや〜、最高に楽しかったです。是非また行きましょう。

私の後輩であり、ある意味後輩でもある・・・ってつまり完全なる後輩と送別会。1月いっぱいで就職先を辞めて実家に帰るとの事。寂しいですが、これも自分で決めたことですからね。願わくば今後の彼の人生が幸多からんことを。

1泊で菅平へラグビー・・・もとい、スキーに行ってきました。昨年実に9年ぶりに再開してから、順調に2年連続で行ったことになります。菅平は雪質がとても良く滑りやすかったです。「あの疾走感はやはり最高」「チェーン装着面倒くさい→スタッドレスが欲しい!」「いつでも寝られる状態で仲間と飲むのは楽ちーん」などなどが雑感。

永田町の衆議院議員会館で、ある代議士と講演会の打ち合わせ。こんな機会でもないと議員会館も入ることはなかったでしょうから、大変貴重な経験をさせていただきました。空港と同じようなボディーチェックがありましたよ。

以上、駆け足で振り返ってみました〜。
posted by priest at 08:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

出初式&献血の結果

8日の日曜日、出初式に行って参りました。同じ消防組合に属する消防署員、消防団員が勢ぞろいします。午前9時、このクソ寒いのに(おっと下品な表現でした、失礼)、このクソ寒い中、上着を脱がされ、式が始まりました。我々、消防団員の服装はYシャツにネクタイ、そして支給されている袖に金のライン飾りの入った黒の制服、同じく黒のズボン・短靴(革靴)、白い手袋、制帽という、遠目には署員だか団員だか区別がつかないような立派な服装です。
まあ言っても寒さは覚悟の上なので、中に遠赤外線下着を着たり、ももひきを履いたりして対応できるんですが、ひどいのは革の薄い革靴!各市長や県議、その他肩書きのある方々の話しを聞いている間に、あまりの冷たさで足先の感覚がなくなるんですよね。おまけに自由に身動きができないので腰まで痛くなってきて、非常につらかった・・・(←ジジくさい・苦笑)。
さてさて、肝心の実技の方ですが、我々の地域では「はしご乗り」のような粋な催しはなく、消防ヘリで建物の屋上にいる人を救助する訓練や、非難救助訓練、応急処置の講習など、どうもあまり盛り上がらない内容になっております(笑)。更に今年は担当地域でなかったため、その間、消防車付近で他の団員と談笑しているだけだったので、非常に緊張感のない出初でした。それでも最後は団体で行進して「かしら〜右っ!」なんて、ちょっと軍隊チックなことをやったり、最後は30台くらいの消防車両が走りぬけたりして、それなりな感じで終わりました。

献血の話し。年末に抜いた血液の検査結果が送られてきました。前回から1年以上あいてしまったので結果が気になるところです。え〜、まあほとんどの項目は良かったんですが、「ALT(GPT)」と「γ−GTP」が標準値を超えてしまっていました。やっぱりガンマか・・・。忘年会なんかでちょっと酒量が増えていたんでヤバイかな?と思ってたんですよ。ALTの方は?っと・・・(説明を読んでいる)・・・ふむふむこちらも肝臓がらみですか。「急性肝炎や慢性肝炎で上昇する他、脂肪肝(肥満)でも上昇。あと、激しい運動の後なども」なんて書いてありますな。少なくとも激しい運動などはやっていないし、肝炎っていう感じでもなし・・・、するってぇとなにかい「肥満」とでも言うんですかい?ばぁか言っちゃあいけねえや、こちとらBMI指数だって「25.6」・・・、おぉっといつの間に25を軽く超えやがったんだい。こいつは春から・・・。
・・・そんな訳で、今年の目標が「ダイエット」に決まった私でございました。
posted by priest at 23:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

献血に行ってきました

自己紹介にちらっと書いてありますが、実は私、献血を趣味にしているんです。あんまり趣味というにはふさわしくないのでしょうが、人から「趣味は何ですか?」なんて聞かれて「読書です」というありきたりな答えでは、どうも会話に伸びがないですし、逆に「クイズです」なんて答えてしまうと、会話がどんな方向にとっ散らかるか想像もつかないので、大体聞かれることも答えることも想定の範囲内で収まるこの「献血」を趣味ということにしています。
高校3年の時に初めて献血してから、16年間で155回を数えました。
一応社会的にも貢献できますし、軽い体調チェックにもなりますし、最近の献血ルームは設備が整っていて、ベッドひとつひとつにテレビ・ビデオ(orDVD)が付いているので、献血中に観賞できますし、お菓子や飲み物も(人目を気にしなければ)いくらでも口にできますし、まあ「一石n鳥」というか、「ちょっと時間があいたから献血して行くかな」という気軽な感じでやらせていただいてます。ちょっと年配の「血を売っていた」頃の方々からは、「献血をする=悲壮な決意」という想像をされがちなんですが、今はそんな雰囲気じゃないですよ。
今回は正月用品の買出しに行ったホームセンターでちょうど献血をやっていたので、ついフラフラっと特設テントに入り、検査を受けた後、400mlばかり抜いていただきました。ここ1年くらいご無沙汰でしたので、検査結果の通知がちょっと不安。血液の要素が悪ければ自分の体調の心配はもちろんのこと、せっかく抜いた血が無駄になってしまうので「一石n鳥」どころの話しじゃなくなりますからね。
とにかく健康を維持しつつ、できる限り続けていきたいと思っております。今のところの目標は40歳までに200回を達成することですね。ちゃんと役に立つ血であり続けられますように(祈)。
posted by priest at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

ただいま、帰って参りました!(水原茂で)

6日  25時帰宅
7日  23時30分帰宅
8日  23時帰宅
9日  27時帰宅→28時(4時)起床
10日 22時飲み終わり(知人宅にて。そのまま就寝)
11日 22時帰宅

最後の2日は完全に息切れでした。9日の無茶が後々響きましたね。
とりあえず2,3日は休肝日(←ちゃんと変換された・笑)にします。
posted by priest at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

忘年会って怖〜〜い!

今日から日曜にかけて、毎日忘年会でありますがく〜(落胆した顔)。一部忘年会という主旨ではないものもあるんですが、「夜、会合に出かける」というのは同じです。
別にそういった席は苦にならないのでいいんですが、こう続いちゃうと無事日曜までたどりつけるか心配だなぁ。何となく富士山登山の直前みたいな心境です(笑)。
posted by priest at 13:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

経県値マップ

hamcapさんのところで拝見して、面白そうでしたので私もトライ。

元ネタ
http://www.geocities.jp/karasugawahekiheki/keiken-map.html

私のマップ
http://www.geocities.jp/karasugawahekiheki/keiken.html?41340444445454434444444444434004000430443444004

経験値: 146 点


   ◎…住んだ( 5 点) ×2

埼玉県(本籍、現住所)
東京都(新聞奨学生の住み込みで1年間)



   ○…泊まった( 4 点) ×30

北海道(札幌、定山渓、小樽、登別、トマム、ルスツ、函館)
宮城県(修学旅行、研修旅行)
山形県(研修旅行)
福島県(スキーで猪苗代湖周辺)
茨城県(水戸)
栃木県(日光、鬼怒川、那須)
群馬県(母の実家が)
千葉県(妻の実家が)
神奈川県(いとこの家が)
新潟県(佐渡、スキー)
石川県(山中温泉)
福井県(ナホトカ号の重油の回収)
山梨県(河口湖、忍野八海、富士山八合目)
長野県(スキー)
岐阜県(御嶽山周辺)
静岡県(伊豆半島の東西)
愛知県(以前友人宅が)
三重県(神宮周辺で7泊)
滋賀県(琵琶湖周辺)
京都府(修学旅行)
大阪府(アタック)
奈良県(石上で7泊)
島根県(大社周辺)
徳島県(研修旅行)
高知県(研修&結婚式)
福岡県(様々な理由で数度)
長崎県(ハウステンボス)
熊本県(阿蘇山、菊池温泉)
大分県(別府)
沖縄県(また行きたい万座ビーチ)


   ●…歩いた( 3 点) ×5 

岩手県、富山県、兵庫県、香川県、佐賀県


   △…降り立った( 2 点) ×0




   ▲…通過した( 1 点) ×1

青森県


   ×…かすりもせず( 0 点) ×9

秋田県、和歌山県、鳥取県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、宮崎県、鹿児島県


北東北、南九州、中国地方に弱点が。これのためと言うわけではないけど、泊まっていないところでも、非常に興味深いところが多いので、この経県値は遠からず上げたいと思っています。
posted by priest at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。